ブラックジャックの攻略戦略であるベーシックストラテジーからカウンティングまでステップで説明

ヘッダimg

 

ブラックジャック

ブラックジャックimg

ブラックジャック。漫画でも有名なあのブラックジャックです。知らない人はいないかと思うくらい有名で人気のゲームになります。その理由はハウスエッジがかなり低いことでしょうか。言い換えるとかなり勝ちやすいゲームといえます。

 

ブラックジャックは他のカジノゲームと違って様々な技術があり、戦略があります。それは運だけではなくある程度スキルが入り込めるという意味です。つまり素人と玄人ではかなり成果に差が発生するゲームだといえます。

 

実際、CHAQ夫はブラックジャックメインのプレーヤーでもありますから。ぜひ戦略を学んで稼ぐためのオンラインカジノをきわめてください。

 

ブラックジャックで勝つ最大のコツはルールを把握し、正しい方法を実行するだけです。ブラックジャックではベーシックストラテジーを使用することで、はじめてその低いハウスエッジを活かすことができます。
ブラックジャックを避けてカジノ攻略を語ることはできません。
ここは時間をかけて必ずマスターしていきましょう! 

 

 

 

まずは実際のオンラインカジノのブラックジャックを体験してみましょう。

オンラインカジノでは無料で実際のゲームの練習が出来ます。初めて遊ぶ方やルールを覚えたての方などはお試しで遊んでみるといいですね。

 

ブラックジャック入門

ブラックジャック入門として基本的な知識としては、プレーヤーとディーラーのカードの合計が「21」を超えない範囲で「21」にどちらが近いかで勝負がきまります。まぁ、どのゲームでもそうですが細かいルール設定やオプションはあるにせよ、まずはこれが基本ルールになります。

 

そのため、まずは実際にプレイしてみるとすぐ基本ルールをマスターすることができます。次にちょっとした統計学になりますが。ブラックジャックでは最も出やすい数字がなんだと思いますか?

 

それは、「10」です。

 

なぜなら、カード種で[10][J][Q][K]の4種を10と数えるのですから約3枚に1枚は(13分の4)は10が出るということになります。
それをマスターすれば、自分がどうゆうカードのときがチャンスか、相手がどういったカードのときピンチかわかるようになります。

 

参考までに…
※自分のカードの合計が10や11のときやディーラーのオープンカードが6のときがチャンス
※ディーラーのオープンカードが10やAで自分のハンドが6のときが最大のピンチ

 

 

 

ベーシックストラテジーについて

これはエペレストのヨーロピアンに関するベーシックストラテジーです。ベーシックストラテジーはすべてのハンドの組み合わせに対する最適なプレイ方法をまとめた戦略です。この表を使ってストラテジー表の使い方を解説していきましょう。

 

ベーシックストラテジー表は表上のプレイヤーのカードの合計値とディーラーのオープンカードのクロスする箇所でプレイヤーの次のアクションを決定するもので、主に以下のアクションがあります。

 

ブラックジャックimg

 

ベーシックストラテジー表の使い方

プレイヤーのカード合計値とディーラーのカードのクロスする項目で次のアクションを検討する。
プレイヤーがソフトのときはA2、などの項目を参照しよう。※ペアも同じ数字の項目を見よう。
3枚目のときに勝負が決まらないときもその合計値を参照するようにしよう。

 

注意点として
・インシュアランスはいかなる使用しない。
インシュアランスはどのような場合でもペイアウトを下げます。大金をベットしている時などにディーラーがAだと、気弱になってインシュアランスを検討してしまいがちですがぐっとこらえることが大事です。安易にペイアウトを下げてしまいます。

 

・どんな状況でもストラテジーをベースに検討すること。また、そういう状況で戦略をすすめるためには一気勝負は禁物です。

 

以上が、基本的な使い方ですが、問題は自分のプレイしているゲームにあったストラテジー表を活用することです。
 
 

 

以下の表を比較してみてください。これはそれぞれ別のハウス・ゲームのストラテジー表になります。
一目でわかると思いますが全然戦略が異なります。ストラテジーはデック数や条件、カードルールなどによって左右されます。

 

そのため、自分がプレイしたいものをしっかり活用することが大事になります。

 

ブラックジャックimg2

 

 

 

ブラックジャックのハウスエッジは魅力的

ブラックジャックの人気の理由はそのハウスエッジの低さにあります。以下はソフトウェア会社ごとにまとめたハウスエッジの表になります。これを見ていただけるとどれだけハウスエッジが低いかすぐわかります。
基本的には1%以下が大半を占めますが、その中でもさらに低いものが多数ありますのでしっかり確認して戦略を練りましょう。

 

ブラックジャックハウスエッジ

 

 

 

 

BJスイッチ攻撃とは

プレイテック系、グランドバーチャル系のブラックジャックではふつうのブラックジャックとは少し違うスイッチができるゲームがあります。

 

ブラックジャックスイッチとは変則的なブラックジャックで、プレイヤーは2ハンド(2つのプレイヤーを同時に操作)でプレイし、それぞれのプレイヤーのカードを交換することができます。完全にプレイヤー有利になりますのでルールも通常のブラックジャックとは違う設定になっていることが多いですが、それでもハウスエッジはかなり低いです。

 

BJスイッチの基本戦術について

ストラテジーの使用はかなりむずかしいですが、世界的カジノ攻略の老舗サイトではポイント表が用意されています。すごいですよね。
 
注意点としては、サイドベットは最初に配られた4枚のカードにペアや3カードがあるかどうかに対する賭けになりますが、統計的にペイアウトを下げます。戦略的に勝つためにはやめましょう。

 

最後に、特殊ルールとして把握しておくべきことは、以下3つです。
 

  • ディーラーはソフト17をヒット
  • ブラックジャックのときでもプレイヤーへの配当は1倍
  • ディーラーが22のときはバーストではなく引き分け、※プレイヤーがBJ時はプレイヤー勝利

 

 

 

 

 

カウンティングは有効なのか?

カジノの攻略はカードのカウンティングはかなり有効ですよね。リアルの話ですが。

 

すでに使用されているカードをカウントしておけば逆算して次にはどのカードが来るのか確率がわかってきます。まぁ、こんなシンプルな問題をリアルカジノも、オンラインカジノもほっておくわけがありませんので通用するかは不透明といえますね。

 

オンラインカジノではカウンティングできるのか?

オンラインカジノのブラックジャックはプログラムですから毎回シャッフルだと考えて間違えないでしょう。つまり無意味です。しかし、ライブディーラーはどうなんでしょうか。

 

ライブカジノでは実際にカードを使用してリアルカジノと同様の環境でプレイできるようです。よって、ライブディーラーのブラックジャックなら可能といえます。

 

ライブディーラーのカウンティングのメリット

リアルカジノにはないいくつかのメリットがありますので紹介します。

 

カモフラージュする必要がありません。
リアルカジノのカウンターはカウンティングを行っていることを悟られないようにいろいろな作法をする必要がありませんし、ベット額の増減にも気をつけなくても大丈夫です。

 

カウンティングの使用がやりやすい
オンラインですから、基本的はメモなんかとっても大丈夫ですし、カウンティング用のソフトなどを利用することもできます。興味がありましたら、連絡してください。教えます。

 

ライブディーラーのカウンティングデメリット

今度は問題点を紹介しておきます。

 

そもそも規約で禁止しているカジノがある
オンラインカジノのT&Cなどで禁止しているハウスがあります。バレなきゃ大丈夫だと思いますが、当サイトでは真剣に勝つ方法を推奨していますのでこういったネガティブな要素は排除したいところです。

 

デック数が多い
そもそもカウンティングはデック数が少ないと効果を発揮しますが、数がおおいため役に立つかかなり不安。あまり効果があるとは思えない。

 

 

と、カウンティングについてはメリットデメリット含めていろいろあります。やったほうが勝つ可能性は高くなります。そこだけにポイントをしぼっていくのであれば、絶対やるべきでしょう。しかしリスクを検討するならはじめに排除しておいてもいいかもしれません

 

今月のおすすめカジノ